【出張買取】 東京都品川区東品川より、真葛焼 真葛香斎 宮川香斎などの茶道具、伊東深水の石版画や木版画

【出張買取】 東京都品川区東品川より、真葛焼 真葛香斎 宮川香斎などの茶道具、伊東深水の石版画や木版画
【出張買取】 東京都品川区東品川より、真葛焼 真葛香斎 宮川香斎などの茶道具、伊東深水の石版画や木版画
作家名
作品名真葛焼 真葛香斎 宮川香斎などの茶道具、伊東深水の石版画や木版画
買取品目版画・リトグラフ
買取方法出張買取
ご依頼地域東京都品川区東品川

買取参考価格
350,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。

参考買取価格一覧

五宝堂スタッフより

本日はお引越しに伴うお荷物整理にて、東京都品川区東品川へ出張してきました。

真葛焼の茶道具や石版画、木版画が作品がたくさんありましたので、1点1点丁寧に拝見させていただき、高くご評価させていただきました。

真葛焼(まくずやき)について

眞葛焼は、明治時代を代表する陶芸家の一人である「宮川香山」により制作された陶磁器です。
宮川香山は、1842年(天保13年)、京都真葛ヶ原の代々やきものを生業とする家庭に生まれました。
「真葛焼」の「まくず」は、この地名から取られました。

「真葛香山」として、薩摩藩士小松帯刀などの後ろ盾のもと、明治3年輸出向けの陶磁器を製造するため横浜へ移住し、開窯。貿易港だった横浜の地の利から、「マクズウェア」の名で、海外輸出を手掛けて大成功を収めました。
しかし、3代目香山が昭和20年横浜空襲で戦災死し、弟が4代目を継承するも、昭和34年、4代目の死去とともに横浜の真葛の歴史は幕を閉じました。

伊東深水(いとう しんすい)について

大正から昭和にかけて活躍した日本画家の伊東深水は、鏑木清方(かぶらき きよかた)、上村松園(うえむら しょうえん)とともに近代を代表する美人画家といわれています。
16歳という若さで院展に入選し、それ以後気品あふれる多くの日本画や木版画の名作を生みました。

五宝堂では、お稽古用の茶道具から作家物の茶道具まで、流派を問わず茶道具全般をお取り扱いさせていただいております。

また、時代問わず、木版画作品も高く評価させていただきますので、お手持ちの作品がございましたら、ぜひ拝見させていただければと存じます。

この度は五宝堂をご指名くださり、誠にありがとうございました。後世へと大切に橋渡しさせていただきます。

お問合わせ・ご相談・無料査定

ご相談・査定は無料!出張料などの手数料は一切ございません。
作家や作品名がわからないもの、価値があるかわからないものでもお気軽に
「骨董品買取店 五宝堂」までお問い合わせください。

電話受付時間 10:00 ~ 19:00 年中無休 <span class="tel-num">0120-248-200</span>

  • 24時間受付!事前査定無料!
  • 友だち追加簡単!査定無料!

月別記事一覧