彫刻家 晝間弘 木彫 彫刻「石橋」歌舞伎 能楽 人形 置物

晝間弘 木彫 彫刻 買取
作品名木彫 彫刻「石橋」
作家名晝間弘
買取品目彫刻・ブロンズ

参考買取価格
45,000円

※買い取り価格は、相場や商品の状態・付属品の有無・買い取り方法などにより変動いたしますので、価格を保証するものではございませんことをご了承ください。

この作品について

晝間弘(昼間弘・ひるまひろし)は昭和時代に活躍した日本の彫刻家です。
初期の頃は木彫を中心に制作活動を行っていましたが、塑像、ブロンズ像へと領域を広げていき、いずれの分野においても高い評価を得るに至ります。

東京美術学校在学中に新文展で初入選を果たし、卒業制作『早蕨』は正木記念賞を受賞するなど、若くしてその早熟ぶりを発揮していました。
その後、巨匠・北村西望のもとで長崎市の「平和記念像」の制作にも携わり、晝間弘の表現力はさらに増していきます。
彫刻家としてのキャリアを積み上げていった晝間弘は、1980年に日本芸術院会員となり、また日展の常務理事を務めるまでになります。そのほか、金沢美術工芸大学や筑波大学芸術専門学群の教授を歴任し、後進の指導にもあたっています。

また、日展以外にも朝倉文夫・加藤顕清・本郷新らが中心となり結成された
日本彫刻家連盟の後身である日本彫塑会の理事にも就任しており、
日本の彫刻界にその名を刻んでいます。

晝間弘(ひるま ひろし)年表

1916年 東京都で生まれる
1939年 東京美術学校彫刻科木彫部を卒業する
00000年東邦彫塑院展で彫塑院賞を受賞する
1947年 東邦彫塑院展で特選となる
1952年 日展審査員となる
1958年 日展会員となる
1962年 日展評議員となる
1964年 日展で文部大臣賞を受賞する
1970年 日本芸術院賞を受賞する
1972年 日本彫塑会理事となる
1976年 筑波大学教授となる
1977年 日展理事となる
1980年 日展常務理事となる
00000年日本芸術院会員となる
1984年 逝去

 

彫刻・ブロンズ 参考買取価格

「彫刻・ブロンズ」の掛軸の買取参考価格です。買取相場の参考にご覧下さい。

彫刻・ブロンズ参考買取価格一覧を見る

お問合わせ・ご相談・無料査定

ご相談・査定は無料!出張料などの手数料は一切ございません。
作家や作品名がわからないもの、価値があるかわからないものでもお気軽に
「骨董品買取店 五宝堂」までお問い合わせください。

電話受付時間 10:00 ~ 19:00 年中無休 <span class="tel-num">0120-248-200</span>

  • 24時間受付!事前査定無料!
  • 友だち追加簡単!査定無料!